2014/05/14更新
    1.ファイル設計
  • ハードコーディングされていた一部のフォルダ名を内部で変数化しました。
  • エクスポートにOOXML 形式が追加されました。
  • レイアウト保管時にディスク容量調整を行うようにした。
    2.グループ設計
  • TreeView のコピー&ペーストについて内部処理を改善しました。
  • TreeView について同一階層の項目を複数選択できるようになりました。なお複数選択時に可能な操作はコピー&ペーストと項目の削除になります。
  • エクスポートでOOXML 形式での出力に対応しました。XSLX 形式のエクセルファイルを高速に出力できます。
  • 一括エクスポート時に実行ボタンが活性化しない場合がある事象について対応を行いました。
    3.システム設定
  • 「環境」タブが追加されました。ここではSQLite に関するオプション設定が行えます。
    4.SQLite Viewer
  • 「SQLite Viewer」が追加されました。起動はスタートメニューのショートカットから行えます。この機能はSQLite 用のメンテナンスツールです。
    5.設計書データ変換
  • 「設計書データ変換」が追加されました。起動はスタートメニューのショートカットから行えます。この機能はPARADOX 形式の設計書をSQLite形式に変換するためのツールです。
    6.その他
  • 設計書ファイルについてSQLite 形式でも作成できるようになりました。SQLite 形式で作成する場合はシステム設定から変更を行います。SQLite 形式を使用する場合、 Paradox 形式に比べて書き込み速度が多少落ちますが、大きい設計書ファイルの読込が高速化し、全体的なファイルサイズが1/5 以下になります。
  • SQLite データベースの拡張子を「S3DB」に変更しました。
  • RPG の属性を増やしました。「I=数値」、「U=数値(符号なし)」、「C=UCS-2」、「*=POINTER」
  • EXCEL のエクスポート機能について、Excel2013 への対応を行いました。
  • OOXML 形式の出力でテキストに「<>&」のいずれかが含まれる場合に正しく作成できない事象を修正しました。