株式会社ZeroDivide - Trinity製品情報
~ライセンスの種類および提供方法~
本体ライセンス
Enterprise版 設計書の作成、ツールによるシステム分析や調査、変換機能(要保守契約)、スケジューラによる自動化など、全ての機能が利用できるライセンスです。 ドキュメント化以外にも広範囲な目的に利用したいお客様にお勧めです。オプションとして「COBOL翻訳」機能を用意しています。
Document版 Enterprise版からシステム分析ツールを省いたライセンスです。ドキュメント化が目的のお客様にお勧めです。

クライアントライセンス
Developer版 設計書の閲覧/編集、ツールによるシステム分析や調査が行なえるライセンスです。なお本ライセンスの購入には本体ライセンスとしてEnterprise版が必要です。
User版 Developer版からツールによるシステム分析機能を省いたライセンスです。

提供方法(本体ライセンス)
ライセンス販売 ライセンスを購入してご利用頂きます。保守の有無により利用できる機能に差がございますのでご注意ください。ライセンス販売では複数のシステムを同時に管理することができます。なおライセンス販売はソフトウェア開発会社様には行っておりませんので予めご了承ください。
レンタル レンタルとしてご利用頂きます。期間は月単位で設定できます。Enterprise版の保守ありと同様の機能を使用できますが、複数のシステムを同時に扱うことができませんのでご注意ください。一般のお客様でしたら差額でライセンスの購入が行えますので評価用としてもご活用頂けます。
受託 メンバーソースを弊社でお預かりして設計書を作成するサービスです。メンバーソースの本数に応じて料金が異なります。納品される設計書は専用形式のため閲覧には別途クライアントソフトが必要です。別料金となりますがPDFファイルなどへの変換サービスをご利用頂くこともできます。