株式会社ZeroDivide - Trinity製品情報
Ver.6.01の新機能(2017/08/13)
    1.設定の一括作成
  • 新たに「設定の一括作成」を追加しました。この機能を使用することで既存の設定を元に複数の設定を作成できます。
    2.簡易問い合わせサーバー
  • 新たに「簡易問い合わせサーバー」を追加しました。この機能を使用することでウェブブラウザーを使用した簡易な閲覧環境を構築できます。
    3.言語翻訳
  • COBOL のオプション設定に「スキップワード」を追加しました。スキップワードに登録された文字列はパーサーで解析されずにそのまま展開されます。なお現状ではCOBOL のCOPY 句だけ反映されます。
  • COBOL 翻訳についてコピー文の置換え情報の辞書「CBLCPYREP」を追加しました。
  • COBOL 翻訳の「スキップワード」について、REPLACING 句の置換え元テキストを照会できるようになりました。
    4.言語翻訳スケジューラ
  • 一部メモリーの解放が正しく行われていなかった事象について修正を行いました。
    5.RPG ソース日本語化
  • 印刷クラスの内部エリアについて一部開放が正しく行われていなかった事象を修正しました。
    6.ZDF 設計書ビューアー
  • 個別設定ファイルの拡張子が「INI」に変更されました。なお従来の「PRM」拡張子の設定は読み込み時に自動的に「INI」に変更されます。
  • 印刷方向の異なる設計書を表示した際に表示領域が正しく切り替わらない事象を修正しました。
  • FDP 設計書の表示時に例外が発生する事象を修正しました。
  • 表示中の設計書をPDF 形式でエクスポートできるようになりました。
    7.PDF設計書の作成
  • グループファイルと翻訳対象情報(辞書)にアンマッチの可能性がある場合、画面下部にメッセージを表示するようになりました。
    8.Excel設計書の作成
  • グループファイルと翻訳対象情報(辞書)にアンマッチの可能性がある場合、画面下部にメッセージを表示するようになりました。
    9.ZDF設計書の作成
  • グループファイルと翻訳対象情報(辞書)にアンマッチの可能性がある場合、画面下部にメッセージを表示するようになりました。
  • ZDF辞書に、メンバーソースのパス情報が保管されるようになりました。
    10.文章履歴メンテナンス
  • 「履歴の一括登録」が追加されました。後から文章履歴をまとめて登録できます。
  • メニューに「メニュー」が追加されました。他の画面と同様にTrinity の機能をメニューから呼び出せます。
    11.オブジェクト辞書の作成
  • オブジェクト辞書からメンバーリストを作成できるようになりました。
    12.環境の移行
  • 以下の情報についても移行を行うようになりました。
    ①Winfdフォルダ … プログラム名のサブフォルダに保管されたPRM およびINIファイル
    ②FDPViewerフォルダ … プログラム名のサブフォルダに保管されたPRM およびINIファイル
    ③ViewTraceLogフォルダ … 設定ファイルおよびLogMonitorフォルダに保管されたINIファイル
    13.メニュー
  • メニューの整理を行いました。機能毎にサブメニューが用意されたので見やすくなっています。